健康経営優良法人制度健康経営優良法人制度

株式会社CIプラントの健康宣言

健康経営優良法人認定証(中小規模法人部門)
  1. 経営者および社員すべてが健診を受ける
  2. 構成整備と法令の遵守
  3. 社員の家族の健診にも積極的に取り組みます
  4. 社員の健康課題の把握と必要な対策を行います。
  5. 健康経営の実践に向けて環境を整えます
  6. 社員の心身ともに健康づくりに取り組みます

健康宣言とは?

健康経営優良法人に認定されるためには、はじめに健康宣言を行う必要があります。健康宣言とは、企業が加入している保険者のもとで、企業一丸となって健康経営に取り組むことを対外的に公表することを言います。

健康宣言とは、企業が健康経営優良法人の認定を目指して、企業全体で従業員の予防・健康づくりに取り組むことを自ら宣言することと定義されています。

経営理念(経営者の自覚)

中小規模法人 健康宣言の社内外への公表及び経営者自身の健診を受ける

健康経営の重要性

企業が健康宣言をすると言うことは、企業が主体的に健康経営に取り組むと表明したことの証となります。従業員という人的資本に投資を行う健康経営は、労働人口の減少や医療費増大している日本で、必ず向き合わなければならない重要テーマといえます。

健康経営に取り組んで従業員の健康促進や活力を増進すれば、企業と社会それぞれに、次のような効果をもたらします。

企業経営への効果

組織の活性化、生産性の向上、優秀な人材の獲得、人材の定着化などの効果が期待され、企業価値や業績の向上へつながる

社会に対しての効果

あるべき国民の医療費の増大を縮小させ、国民生活をしやすくする ヘルスケア事業が発足される効果がある保険者が健康宣言事業を行う必要性とメリット

健康宣言事業を行う必要性とメリット

令和2年度の健康経営優良法人・中小規模法人部門には6000社以上の申請がありました。しかし、加入している保険者が健康宣言事業を行っておらず、残念ながら申請できない、もしくは不認定となる企業が複数あったそうです。健康経営優良法人の認定企業はここ数年で急増しているため、保険者の健康宣言事業のニーズは高まっていると考えられます。

保険者が健康宣言事業を行うメリットとしては、健康経営優良法人認定をきっかけに保険者と企業などとの接点が生まれることです。健康宣言を行うタイミングで、特定健診や特定保健指導の実施を促すなど、保険者が従来行っていた保健事業を効率的に推進することが可能になります。

  • 就活生将来、どのような企業に就職したいか
  • 就活生の親どのような企業に就職させたいか
0 20 40 60%
企業理念・使命に共感できる
 
 
事業に社会的な意義がある
 
 
知名度が高い
 
 
企業規模が大きい
 
 
従業員の健康や働き方に配慮している
 
 
給与水準が高い
 
 
雇用が安定している
 
 
企業の業績が伸びている
 
 
企業の業績が安定している
 
 
魅力的な経営者・人材がいる
 
 
福利厚生が充実している
 
 
その他
 
 

当社の思い

健康宣言をきっかけに、当社は保険者と接点をもち、従業員への健康診断の促進や、そのほか付随する健康経営施策を積極的に進めて行きたいと思いより良く従業員が働きやすい環境つくりをしていきたいと思っております。

ご依頼・お見積もり・ご相談…お気軽にご相談下さい
電話・0532-39-6605 8:00~17:00

(土・日・祝を除く)

メールフォーム
24時間受付
FAX・0532-39-6606 24時間受付